未来に花咲くユリの花

健康の(源)泉は笑顔ニャンだよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健ちゃんの術後服

先日、健ちゃんが乳腺炎の為
術後服が必要と獣医師からアドバイスを頂きました。

それを知った「こころのお掃除日記」のリブママさんが紹介してくれた
猫のお洋服屋さんの「Tissue's Trunk」

術後服などのケア用品も扱ってるお洋服屋さん。
なんか、良い感じ。
早速、先日注文させて頂きました。



リブママさんは、咲が病気と闘っていた時からのお知り合い。

病気になんかに負けるなって、私と咲は何度もリブママさんに
励まされてきました。

それだけじゃなくて、我が仔達や保護猫ニャンズ達を
いつも気にかけてくれて、私が不透明な事で悩んでたりすると
一緒に調べて考えてくれたりして、アドバイスをくれる優しいお友達。

リブママさん、いつもありがとう(^^)/



本日、術後服が到着して早速健ちゃんに着用してもらいました。
「きゃぁ~!かわいい!!健ちゃん!!」
ken65_R.jpg

本人、完全に固まってるのを良い事に
私はカメラで「カシャッ!」「カシャッ!」
親バカ丸出しで「健ちゃん、似合ってるよぉ~!!」
「かっちょいい~!!」の連発。
ken66_R.jpg

で、最後仰向けになって全く動こうとしなくなった健の字。
ken67_R.jpg
術後服の説明書きには
「横たわり、足を投げ出し全く動かない
仰向けになり背中を床に擦りつけるという仕草を見せた時は
服の着用は中止して下さい」



「・・・えっ?マジで?」

たった今、届いたばかりだけど・・・。




スポンサーサイト

2歳になったよ

今日は健ちゃんといずみの誕生日。



いつも一緒の健&いずみ。
別々に寝ていても、すぐに目を覚まして、すぐに傍へ駆け寄るほど仲良し。
kenizumi11_R.jpg

時々は「ウ~!!」「シャー!」なんて言いながら、ケンカもするけれど
お互い大好きな存在であることには変わらない。
kenizumi12_R.jpg

チビッコ健ちゃん(生後3ヶ月くらい)
ken64_R.jpg

ちょいチビッコいずみ(生後5ヶ月くらい)
izumi57_R.jpg


先に健ちゃんを保護して、その約3ヶ月後にいずみを保護して
お互い会うのが3~4ヶ月ぶり。

久しぶりのご対面時の健&いずみ。
kenizumi13_R.jpg

お互い、手を差し伸べて「久しぶりニャ」のご挨拶。

この時は、いずみを保護して数週間で
まだ部屋を一緒にできなかったから、柵ごしでの対面だったけど
健もいずみも忘れてなくて、早くお互いを触れたかったと思う。
kenizumi14_R.jpg

離れていた3ヶ月って、この子仔達にとっても、私にとっても
決して短くはなかった時間だけど、一瞬にして理解し合ったと思う。
kenizumi15_R.jpg

健ちゃんは、この頃まだ全く目が見えていなかったけど
きっと、いずみの匂いでわかったんだよね。
kenizumi16_R.jpg

本当に仲の良い2ニャンズ。

兄弟だから当たり前って思うかもしれないけど
私には、それだけじゃなくお互いを思いやってる優しさが
この仔達にはあるって一緒に暮らしているとそう感じる。

健、いずみ 一緒に誕生日をお祝できて良かった。
これからも、ずっと一緒だよ。
kenizumi17_R.jpg

Happy birthday to 健!!

Happy birthday to いずみ!!

そして・・・

Happy birthday to ナラちゃん!!

Happy birthday to 福ちゃん!!



From seiくん&茶々にゃん

5月は花、健&いずみの誕生日月。

嬉しいイベントが続くと、気持ちも軽やか、自然と笑顔になる。



そんな、ある日郵便屋さんがピンポーンってやって来た。
送り主はseiくん

3月にtomoyanが亡くなって
tomoyanと一番の仲良しのseiくんの事が、正直、ずっと心配だった。
だから、seiくんからお届け物があった時ビックリした。

同封されてたメッセージを読むと
その一文字、一文字はseiくんらしさで溢れていて
とっても嬉しかったです。
present17_R.jpg

みく、花、健&いずみにGreeniesを・・・
私には、一足早い誕生日プレゼントだって
ローズの可愛らしい猫の入れ物を贈ってくれました。
present16_R_20120525235429.jpg

そしてストラップ。
「天国から、たまに傘で地上に降りてくる咲ちゃん」
そうお手紙に書いてくれたseiくん。
present18_R.jpg

seiくん
本当に、ありがとう。

その優しい気持ちだけで、私は本当に充分なんです。
気にかけてくれるお気持ちだけで、本当それだけで幸せです。



そんなseiくんに感謝して幸せに感じていたら
茶々にゃんさんからの贈物。
生まれた日付を5月27日と決めた健&いずみへ
メッセージにはナラちゃん、福ちゃんの名前も・・・。
present20_R.jpg

かえるのオモチャは、健ちゃんの為を想って
音が鳴るようになってます。
present19_R.jpg

そして、またたびのオモチャと
茶々にゃんさんの家で育てたキャットニップの葉っぱ。
これは、みくと花がメチャメチャ喜びそうです。
present21_R.jpg

茶々にゃんさん
いつも、本当にありがとう。

ブログを休止する時も、地震が起きた時も
いつも気にかけて声をかけてくれる優しい人。

私は表現をするのが苦手で、ぶきっちょで、無愛想です。
言葉もなかなか出てこないし・・・。

でも、本当に私達にメッセージを書いてくれたことや
プレゼントを選んでくれた気持ちが
心からありがたく幸せに思っています。





早速、かえるさんと健ちゃんのご対面。
ken60_R.jpg

まずは、触る事から・・・
「こんにちは」
ken61_R.jpg

ビビってるのか?
この後、ずっとこんな感じ。
それとも「よしよし」ってしてあげてるのかな?
ken62_R.jpg


ねずみのオモチャは、いずみくん。
izumi53_R.jpg

健ちゃんが後ろで「それ、ニャ~に?」って覗きこむけど
いずみは、知らん顔でチェックに余念がない。
izumi54_R.jpg

自分の近くに置いて、もう自分の物だとアピールしちゃってる。
でも、健ちゃんが何気に狙ってるから、取り合いになる事間違いない。
izumi55_R.jpg
まさに「しむら!後ろ!後ろ!」





happy birthday to 花!!

4年前、5月頃に誕生した花。

その年の8月に花が、我が家にやって来た。



花がどんな風に誕生したのか?とか
兄弟やママ猫はどんな仔なんだろう?とか
生まれ、育ち、保護された経緯や環境は分からないけれど

花を産んでくれた、ママ猫に感謝したり
花を大事に守っていくねとママ猫を想いながら誓ったり

花を私達に託してくれ、相談に色々のってくれて
見守ってくれた方々に、本当感謝の気持ちしかなくて・・・

花が生まれただろう、この5月に
花をお祝する気持ちと共に、そんな思いに繋がっていく。

本当、全てが感謝なんだよね。



花が家族になってくれて、本当に私は幸せ。

花もゆりと家族になって幸せと思ってくれるよう
これからも花に寄り添い、一緒に歩みたい。



チビッコ花ちゃん・・・この頃は、家のあちこちを破壊してくれて
           私も、相当悩んだけど・・・
chibihana_R.jpg

今日で、4歳。
下に、咲、健&いずみの弟達を迎えて、少しは落着いてきた年頃
hana39_R.jpg

だと思う・・・。
hana40_R_20120524214930.jpg

花、生まれてきてくれて、ありがとう!!



私の鞄

私のかばん。
もうどれくらい使ってるかなぁ~?

正直、綺麗じゃないし、オシャレとも言い難い。
高価でもないし、特別に機能的でもない。

でも毎日、こればかり使ってる。
友人や家族から「いい加減、新しい鞄を買ったら?」と言われるほど。
かばん2_R

確かに新しい鞄は欲しい。
けど、これは私のお気に入り。



みくが、これで爪を研ぎ

花がこれを噛んで

咲がこれで遊び

健がこれにクシャミして

いずみがこの上に寝て


そんな鞄なんです。
他人から見たら「え~」って言うような
あちこち傷だらけの鞄。
miku46_R.jpg
でも、手放せない。

新しい鞄を買おうと、お店を回って色々商品を見たり
購入した事もあったけれど、結局今の鞄に戻ってしまう。

きっと私にとって、この鞄は
どんな高価なブランド品よりも
その傷一つ一つの方が価値高く感じるし

何よりも我が仔達との思い出もあるし
外出していても、なんか、みんニャと一緒にいられるような感覚。
そんな大切な鞄だから、他の鞄に変えられないのかも。

4月に参加した動物愛護を考えるフォーラムでもらったバッジをつけて
さらに、私らしい鞄にしてみた。

生後8週齢未満の子犬・子猫を、親や兄弟から引き離しちゃダメですよ!!
かばん_R



でも、やっぱり新しい鞄、欲しいなぁ~。

な~んてね(笑)




何でもない日常の中で

リビングでみんなと一緒に、くつろいでいたのに一人でトコトコ。
何が始まるのか、カメラを持って私もついて行く。
izumi50_R.jpg

ちょこん。
何をするわけでもなく廊下で一人ボーッと。
izumi51_R.jpg

しばらくすると、いずみを追って健ちゃんも。
「どうしたニャ?」
kenizumi4_R_20120522220026.jpg

またまた、花ちゃんも。
hanaizumi2_R.jpg

いずみを追って・・・
hanaizumi3_R.jpg

と思ったら、いずみをスルーして健ちゃんに用事だったのかな?
hanakenizumi1_R.jpg
何話してるんだろう?


別にどうってことない日常の一コマ。
特別な何かがあるわけじゃない。

でも、この仔達の何気ない様子をカメラ越しに見つめながら
実は、こういう事が何にも代えられない大切な時間だなぁ~なんて
ふと思ったりする。

私の傍で、何でもない日常を一緒に過ごしてくれる事。
これ以上の幸せはないなぁ~。



乳腺炎

今日は、健ちゃんの病院の日。
ken58_R.jpg

健ちゃんのシコリの原因は乳腺炎

健ちゃんは、男の子だけど、授乳中の母猫のような
おっぱいをしています。

その為、お乳が出ます。

原因は、乳腺内に母乳が過度に残ったり
授乳時の傷口からの細菌感染が原因。

健ちゃんは、グルーミングしてる時に
お乳の出る、自分のおっぱいを気にし過ぎて
細菌感染した恐れがあるんじゃないかと・・・。


先生から、しばらく洋服を着させるかエリカラをするよう
指示がありました。

健ちゃんの眼の視力を考えるとエリカラよりも
服の方がいいのかな?と・・・。

でも、ずっと着させるとグルーミングが出来ず
ストレスになるので、様子をみながら時々着させるようにとのこと。



乳腺炎が悪化しないよう
腫瘍になるリスクも無いとは言えない状態。
これからは、健ちゃんのおっぱいの様子を要チェックです。



今回の事で、先生の説明を聞きながら
何回「へぇ~」を言ったかわからないほど最後まで「へぇ~」連続の私。

きっと健ちゃん本人も「へぇ~」だったに違いない。
ken59_R.jpg

男の子なのに、授乳中の母猫状態の健ちゃん。
「へぇ~、そんな事あるんだぁ~」


rainbow

「虹が出ているよ」と教えられて
久しぶりに見る空の向こう。
にじ_R

「わぁ!~きれい!!」


赤は・・・
iro1_R.jpg

未来ちゃん。
miku45_R.jpg

オレンジは・・・
iro2_R.jpg

花。
hana38_R.jpg

黄色は・・・
iro3_R.jpg

咲。
saku3_R.jpg

緑が・・・
iro4_R.jpg

健ちゃん。
ken57_R.jpg

青が・・・
iro5_R.jpg

いずみ。
izumi49_R.jpg

紺色がパパ。
iro6_R.jpg

そして紫が私。
iro7_R.jpg

雨と太陽の光が作り出す「虹」

家族もこれと一緒じゃないかなぁ~なんて考える。

辛い事とか悲しい事を雨と例えるなら
嬉しい事とか楽しい事は太陽の光。

共に一緒に経験することで「家族」になっていくんだなぁ~って
虹に重ねて考えたりする。

iro8_R.jpg
私達にはそれぞれの色があるんだよ。
一緒のカラーはない。
それがいいんだよね。

虹がモノクロじゃなくて良かった。


long time no see

黒猫3兄弟。

ゆり的に言えば
多恵ちゃん、獅子丸、ランちゃん。

久しぶりに会えました。
kuro6_R.jpg


3頭の姿を見つけてすぐ、鞄からニャンズのご飯を出し
急いで、車からお皿を出して、みんにゃの目の前に置いて・・・

少し遠くから様子を見ると、3頭とも一生懸命に食べてくれました。
kuro7_R.jpg
その姿から、お腹が空いていたんだと見てすぐに分った。

でも様子から見ると、元気そうだったし
3頭とも、お目目クリクリで、なんとも言えない魅力がある。

「この仔達と、もっと仲良くなりたいなぁ~」
警戒心が強い仔達が、お腹が空いてたとはいえ
私の目の前でご飯を食べてくれたので
ついつい調子に乗って、その先の夢を見てしまう私。




追伸

結膜炎が酷くなってしまった花。
病院が混んでいて、1時間以上待たされたけど頑張ってくれました。
hana37_R.jpg

よ~し!花ちゃん!
このまま、お薬も2週間頑張っちゃおう!!




いつも一緒にいるよ

時々、一人で大泣きをする。



二度と戻れないって、わかってるけど
hanasaku1_R.jpg

本当に、胸が痛いくらい・・・

心から・・・

また会いたいと思う。
mikuhanasaku1_R.jpg

咲が亡くなって、どれくらいの時間が過ぎたんだろう。

どんなに時間が過ぎても、私の心が
咲がいなくて悲しいって今も泣くの。



本当にまた会いたい。

会いたくて、たまらない。

咲。

今日もまた咲が恋しいと想いながら大泣きしてる。

・・・

・・・

・・・

・・・あっ!明日は午前中は花の病院だ!!

こんなに泣いたら、明日、目が腫れちゃう!!って思い直してたら

「コラッ!!健ちゃん!!いずみ!!それ触っちゃダメだよ!!」

「花!!何やってるの!!」

「未来までっ!!」

「ちょっ!!止めなさい!!」

泣いてる私の傍で

一人で泣いていないでって
僕たちがいるよって

4ニャンズに言われてるみたいに
ハチャメチャなイタズラを繰り返す我が仔達。

寂しいって思ったり悲しいって思う時
いつも静かじゃないけれど
でも、私に寄り添ってくれてる。



「僕たちは、どんな時も一緒だよ」

まるで、咲の分も代弁してるかのように。



気が付いたら、いつの間にか悲しい涙も乾いてた。






いじわる

我が家のシェルフの上は、4ニャンズみんなに大人気。

うちのニャンズ達は「仲良く一緒に」っていう言葉とは無縁の為
同じ場所で、一緒に寝ることは、健&いずみ以外は全くない。
mikuhana2_R.jpg

基本、早いもの勝ちで、陣取ることは出来るけど・・・
miku38_R.jpg

ステップ台は必ず↓コレ状態。
好きな場所は取ったけど、自分の降りたい時に、降りられないという難点がある。
mikuhana3_R.jpg

「花、未来が下に降りたいんだって。どいてあげれば?」
hana35_R.jpg

上から視線を送り続ける未来。
「下に降りたいニャ」
miku39_R_20120511160456.jpg

さっきまで、目パッチリだったのに・・・。
hana36_R.jpg

で、諦めて結局、こうなる↓
「花は意地悪ニャ!!」
miku44_R.jpg

でも、時々お互い踏みつけて降りる時もあります。
そうなると後で必ず、家中バタバタと、うるさくなりますね(笑)


いずみは良い仔

ソファに寝っ転がってゴロゴロしながらカメラを覗くと、いずみがいる。

「い~ず~みぃ~く~ん
izumi43_R.jpg

名前を呼んだら「ニャーニャー」って
返事をしながら降りてくる。
izumi44_R.jpg

ビビリくんだから一段、一段確認しながら・・・。
izumi45_R.jpg

でも、急にソファに降りてきたら素早くなって上手く撮れない。

よっぽど私の傍に早く来たいのね~なんて思ったり・・・。
izumi46_R.jpg

おっと!!しかも近すぎっ!!ブレブレやんっ!!
izumi47_R.jpg

でも、ちゃんと私の横に来て、ちょこん。
izumi48_R.jpg

名前を呼んで、返事をしながら来てくれるのは、いずみだけ。

あとの皆さんは、ご飯や遊び以外は、シカトです。

「いずみはとっても良い仔だねぇ~」と皆さんに聞こえるように言う私。
izumi42_R.jpg







不動産屋さん

私の職業は不動産業です。

この業界に入って約20年。

でも、この時間を振り返った時、自分は本当にプロか?って自問したら
いいえ、プロ失格者だって恥ずかしいけれど、そう答えざるを得ない。





不動産業って言っても、色々で、本当に様々です。
売買、賃貸、投資、競売、建築、etc・・・。

私もこの20年、不動産の様々な経験をさせてもらいました。


お客様あっての仕事。
当然、自分のプライベート的な時間は
時に削られる事もあります。

「お客様により良い環境の元で、お客様に合った住まいを提供する」という事を
元に、この仕事に力を注いできました。


人と接する仕事。
毎日が勉強で、毎日が発見の連続。

人と人とのつながりを感じられる仕事。



ただ、人が住む住環境を提案、提供していくと
時に、ペット問題に遭遇する事が必ずあります。

それは、売買物件でも、賃貸物件でも・・・。



ペット問題の悲しい事もいっぱい見て、経験しました。

引っ越し先はペット不可なので、一緒に連れていかれない。

孤独死され、取り残された犬や猫。
家族・親類引き取り拒否。

新しい家には連れていかれないし
猫は家に付くって言うから、置いて行く。

他にも事例はあります。


そんなことばかり言うお客様ばかりじゃないけれど
それでも私達にとっては、大切なお客様なんです。



「犬猫達は物じゃないんです!!」



私情を持ちこむなと何度も注意され、怒られたこともあります。


賃貸で「猫4匹可の物件ありますか?」

現実問題ほぼ無いに等しい・・・。
そういう物件あったら良いのに・・・。って思うけど
御断りの旨を伝えるのが時々辛くなる。







今は、営業から退いてます。



不動産業に携わる私として、何かできないかな?

不動産として、ペット可物件をもっと増やすとか?
犬猫は、物じゃなく私達と同じ大切な命を持ってるいるという事。
家族として一緒に暮らして欲しいという事。

私なりに仕事に関連させて申請書を提出も全て却下。

所属長も応援してくれてる。
本部の人間も頑張れって応援してくれる。

みんな非協力的ではない。

でもね、企業だから、ただでは出来ない。
それは、あなた個人の気持ちであって、一企業として見たら
何の得にもならない。

企業を使って、何かをしようと思うなら
それなりの提案力は必至。



何故、マスコミが犬猫問題をもっと訴えていかないのか?

それは、スポンサーに対しての問題やお金にならない事
変な言い方をすれば、世間が食いつかないから。

あーそうなんだって、マスメディアの流れに、社会の仕組みを重ねて
納得するけれど、それでも私なりに小さな事でもいいから
何か出来ないかな?って思い続ける。

なかなか、犬猫やペット問題と不動産
どちらも円満に・・・っていうような申請書は通らないけど
私の足りない頭で一生懸命考えて、出し続けると思う。



それが、いつか結ぶ時がきたら、すごく嬉しい。








夜型

花は、よく寝る仔。

スヤスヤ・・・。
hana31_R.jpg

キャットタワーに登って、元気よく遊ぶのかな?
なんて思ったら、途中で寝に入るし・・・。
hana32_R.jpg

私が家事で忙しくて
一緒にオモチャで遊ぶ予定がないとわかると、またスヤスヤ・・・。
hana33_R.jpg

でもね、私が寝ようとすると、何故か目を輝かせて起きてくる。
hana34_R.jpg

遊ぶ気満々。

花は、よく寝る仔・・・昼にね(笑)

完全に夜型になってる。




Let's go to the hospital

今日は、健ちゃんの病院の日。

朝、キャリーをゴソゴソ出してたら
自分が連れて行かれるんじゃないかと、私の動きに警戒心丸出しのいずみ。
izumi40_R.jpg

私が部屋を出るまで、硬直して、ずっと同じ格好で動かないし・・・

まるで私を「だるまさんが転んだ」の鬼と勘違いしているような
私が部屋から出たら、急いで別の場所へ逃げた音が聞こえた(笑)
izumi41_R.jpg

健ちゃんは、自分が連れて行かれる事をわかってるから
私がゴソゴソしてる気配で、すぐ逃げます。

本人は、これでも隠れたつもりなんです(笑)
ken56_R.jpg
んで、すぐ確保して病院へ連行です。



健ちゃんのシコリ。



まず、2番目に見つけたシコリについて

この新しいシコリは乳首にあり、赤く腫れていました。
獣医師さんが、このシコリをつまんだら、なんと乳が出ました。

要するに胸が張ってる状態でした。

出た乳を調べてもらったら、悪い細菌は出ていないけれど
もしかしたら、今、抗生剤を服用しているからかもしれないので
一回抗生剤を止めて、乳の細菌がどうなのか様子を見る事にしました。

健ちゃん、男の子なのに乳が出たことに私はビックリした。

でも、ホルモンバランスが崩れると、男の子でも乳が出てくるらしい。


シコリは腫瘍となって、これから大きくなるのか?
それとも、治療や自然の形でなくなっていくかのか?

もう少し見極めた方がいいとのこと。


最初、見つけたシコリも、乳首ではないけれど
下腹部の乳の近くだし、もしかして新しいシコリと
内容が一緒の可能性が強くなりました。

しかも、少し小さくなってるような気がする。
先生も微妙な大きさだなって言ってた。


だから、今急いで治療しなきゃという見解ではなく
今後のシコリの大きさの変化や様子を見ながらの治療となりました。


また、今後も経過をブログにアップしていきたいと思います。



病院から帰宅後、大好きなぬいぐるみやオモチャを渡しても
見向きもせず、疲れた様子の健ちゃん。
ken55_R.jpg
頑張ったね、健ちゃん。



ナラちゃんと一平ちゃん

写真とか、カメラってよくわからなくて
理解するのに時間がかかるって思ってたけど

たとえ、そこに多くの言葉がなくたって
感じることができるんだね。





一平ちゃん、ありがとう。





ナラも僕も毎日あれやこれやと楽しくやっております。
想像以上に甘えん坊になっておりまして……
撫でろ遊べ構えとずーっとにゃーにゃー言うております(笑)
最近は起きる10分くらい前になると
枕元に来て腕枕を要求する始末。
冬は良いんですが、今から夏が怖いです(笑)





猫パンチでドヤ顔を決めたり
2012nara1_R.jpg

驚異的な方法で嫌がらせしてきたり
2012nara2_R.jpg

掃除中に非難の視線を浴びせて来たり
2012nara3_R.jpg

テトぐるみ(テトラポッドのぬいぐるみ)に愛情を注いだり
2012nara4_R.jpg

2012nara5_R.jpg

2012nara6_R.jpg

道行く下々の民を上から目線で見下したり
2012nara7_R.jpg

ナラちゃんと一平ちゃん

お互いに、かけがえのない存在になってるって

そう感じる。



Ken found treasure

昨夜、みくの反撃の為、健ちゃんのお気に入り達を
洗濯して干したところ・・・




朝起きて、自分の大切なオモチャやベッドが
無くなってる事に気づいて、部屋中探しまわる健ちゃん。
ken50_R.jpg

やっと見つけて「ニャー!ニャー!」
ken51_R.jpg

「僕のぬいぐるみさんとリンゴちゃん」
ken53_R.jpg

一生懸命に取ろうと必死です。
ken52_R.jpg

「僕の返してぇ~」と、とにかく必死な健ちゃん。
ken54_R.jpg

そんな健ちゃんを横目に

ざまぁ~みろ!!的な笑みをするみく。
miku42_R.jpg

健ちゃんは視力が弱いけど、嗅覚を使って
本当必死で探し出しました。

普段、洗濯物に興味なんて示さないのに・・・。

健ちゃん、凄いなぁ~。


 | HOME | 

カレンダー(月別)

04 ≪│2012/05│≫ 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ゆり

Author:ゆり
神奈川県在住
酒好き
人に厳しく
動物には優しい
内向的、人見知り
小心者、協調性ゼロ
集団行動が苦手
結構、テキトーでガサツ

最新記事

ゆりの大好きな家族達


未来(みく)2007年6月生まれ
アメリカンショートヘアー 女の子
協調性なし、ベタベタするの嫌い
小柄だけど家族の中で
一番運動神経が抜群
おっとり屋さん、マイペース
花(はな)2008年5月生まれ
三毛 女の子
食いしん坊
気が強いケド根は優しい仔
猫なのに運動神経ゼロ
咲(さく)2009年7月生まれ
茶トラ 男の子
オモチャ大好き
争う事が嫌い
気持ちが優しい仔
FIPと闘って2009年12月11日
約5ヶ月という若さで永眠しました
 健(けん)2010年5月生まれ
白黒 男の子
ワンパクでお山の大将
イタズラ大好きで
落着きが全くない仔
自己主張が強く、ノー天気
いずみ 2010年5月生まれ
白黒 男の子
気が弱く、ビビリ君
甘えん坊でベタベタするのが好き
おしゃべり大好き
吐き癖がありすぐゲロする

健&いずみの姉妹達


ナラ 2010年5月生まれ
三毛 女の子

福(ふく)2010年5月生まれ
白黒 女の子

最新コメント

リンク

里親募集

いつでも里親募集中

犬と猫のためのLifeboat

NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

猫のふく村さん

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。