未来に花咲くユリの花

健康の(源)泉は笑顔ニャンだよ

私の気持ち




2018年になり

遅くなりましたが

本年も
未来に花咲くユリの花の
登場ニャンズ達を
どうぞよろしくお願い申し上げます<(_ _)>



そして



心無い争いや暴力のない
みんなの温かい笑顔溢れる時が
多く訪れますように・・・。

人間と動物達が仲良く共存できる世界でありますように・・・。



さて
昨年末にポンちゃんのお話をさせて頂いて

自分が思ってた以上に
色々な方々が考えさせられるとの
貴重なお話をして下さいました。

ありがとうございますm(__)m

なので、自分のニャンズ達の事も含め
自分の気持ちを追加させて下さい<(_ _)>



ニャンズ達と共に生き、接してきて
本当に、七転び八起の日々です。

どれが正しくて、どれが間違っているなんて
正直わからなくて、いつも手探りです。

自分のしてきた事が
本当に良かった事なのか?
そうじゃないのか?

何度も、何度も
自分のしたことを悔やんだ事もありました。

咲の病気の事だって

最初診てくれてた先生が
「これ以上、なす術がない」って言った時

それでも咲を生かしたい気持ちが
先に立ち、藁をも掴む思いで
セカンドオピニオンに行き
延命治療をしたけれど

でも、本当は、入院なんかさせず
咲の短い残りの時間を
もっと側で一緒に過ごしてあげれば
良かったんじゃないかって。

それだけじゃなく
今も心に様々な葛藤がよみがえって
未だに、一人になって考えると
涙が溢れてきます。

これは、私の人生が終るその時まで
ずっと、引きずっていくと思っています。

動物と一緒に暮らすって
そういう覚悟もなきゃいけないと
自分に言い聞かせてます。



ポンちゃんも
一週間でいなくなってしまった事に
もしかして亡くなっちゃったかもって・・・。

もっと、できた事あったんじゃないかって・・・。

考えれば考えるほど
TNRを決断したのにも関わらず
落ち込んだりもします。

だから、ポンちゃんの事は
批判覚悟で書きました。

でも、咲の病気の事も
ポンちゃんの事も
ここには書いていない仔達の事も

私は、全部、その仔、その仔と正面切って
向き合ってきた事には変わりないです。

だから、私は
人と自分を比べる事をしません。

それは、自分の環境や経験と
似てる人はいても、全く同じ人なんて
いないから。

自分は自分なんだと。

その人にはできた事が
私にできなかった事
たくさんあります。

でも、大切なのは
そこじゃないと私は
私の家族である猫達から
教えてもらいました。

時には壁にぶつかったり、転んだりして
泣くし、怒るし
時には救われ、笑ったり。

でも、保護活動してる方々、命を繋ごうって
身を削りながらやっての方々も
みんなそうやって
必死で、生きてるんじゃないですか?

おこがましくも、私はそう感じています。

コメント欄は開いてませんが
メッセージは拝見させて頂いてます。

お返事をしていませんが
感謝しています。
本当にありがとうございます。

私、本音言えば
獣医師さんからアドバイスもらっても
保護したくてしょうがなかった。

外は寒かったり暑かったり
車やら、なんやらで危険だもん。

家の方が安全だもん。

メッセージ下さった方と
気持ちは同じです。

だから今も手探りなんだと思います。








スポンサーサイト

CSR




私は、とあるビジネスホテルのマネージメントの仕事をしています。

ホテルのマネージメントをしてるって言っても
建物・不動産の営業が長いから
まだまだ、半人前にもなっていなくて
生まれたての赤ん坊みたいな感じです。

でも、もし自分が、この会社で、責任ある役職に就けたら
力を注ぎ、やっていきたい事を夢見ていました。

その一つが、CSR。
簡単に言えば、企業としての社会的責任の取り組みや社会貢献。



ニャンズと暮らして10年。
その間、ずっと犬猫問題や動物愛護で
自分にできることって何だろうって
自問自答の毎日だったと思います。

ブログを通して知り合った皆さんは
みんな、それぞれ形が違えど
一生懸命に小さな命と向き合い頑張っています。

私の心は、そんな皆さんの行動や想いに
グサグサ突き刺され(変な意味じゃなくて・・・)

皆さんの怒りや悲しみや喜びや色々な感情は
動物達と同じだけ、そこに存在してるから

人間も動物達も
本当に沢山の想いがそこに一緒に存在があって

だから私は
皆さんと一緒に頑張ろうって思ったり
逆に励まされたり
自分に協力できる事って何だろうって考えたり。



私は、どちらかというと
仕事人間です。

だから、企業人として
日本の今の動物愛護の環境を変える一員になりたいって思いました。

これについて語ると論文みたいに長くなってしまうので
だいぶ、へし折りますが

これは、私が働いてる
ビジネスホテルのロビーの一画にあります。

2017etc1203_R.jpg



私は、恥ずかしながら10年前までは
動物達の命が安易に捨てられてる事を知らなかった。

私が、会社の会議でCSRとして
動物愛護に取り組みたいと話した時
10年前の私と同じような社員がほとんどだった。

まずは知ってもらう事。

来館されるお客様が
少しでも目にしてくれたら・・・。

2017etc1202_R.jpg



杉本彩さんのEvaの募金箱を置かせて頂いてます。

動物達の為に、このような活動がある事を
一人でも多くの方に知ってもらう、まずは一歩だと思ってます。

2017etc1201_R.jpg

CSRに取り組む企業としても
まだまだですが
半歩でも一歩でも前に進める努力を
私は諦めたり、止めたりなんてしないで
取り組んで行きます。





以前、change.orgでのご署名をお願いしました。

↓画像をクリックすると、その内容が見れます。

2017etc1101.jpg


これは、お友達である
おでぶにゃんこさんがお住まいの島根県で起こった事です。

この件で
おでぶにゃんこさんから

『島根県が譲渡対象マニュアル改正することになりました。
署名にご協力いただいた皆様お一人お一人の思いが
島根県を動かしました。
ありがとうございました』

と丁寧なメールを頂きました。

尊い命が、失われた事には変わらないです。
それがなければ、変われない現状に
胸が痛いです。
悲しいです。
悔しいです。

私は、みんな、そう思ってると思うし
この事を、忘れちゃいけないと思います。





ご署名をお願い致します。




change.orgでのご署名をお願いします<(_ _)>


島根県、引き取り手がいる子を殺処分!
助かる命を無駄にしない制度を!



↓画像をクリックすると、その内容が見れます。

2017etc1101.jpg


私は神奈川県に住んでいるけど
命を救うのに、地域なんて関係なく
全国の皆さんの声を必要としてる小さな命が色々な地域で存在しています。
一人、一人のお力を借りられたら
どんなにありがたいかわかりません。

どうぞ
よろしくお願い致します<(_ _)>





動物愛護




時々
私は、自分一人で
動物愛護について考えてみる時がある。



2016miku25_R.jpg

私は今
神奈川県に住んでいます。

ご存じの方も多くいると思いますが
神奈川県は、ボランティアの皆さんや
動物愛護センターの職員の方々の
想像する以上の努力や涙とか
人には言えない沢山の想いとか
そういう甲斐があって
犬、猫の殺処分ゼロの成果をあげています。

なんとか助けたいっていう気持ちで
現場で頑張ってる人達に
ただ、ただ尊敬の気持ちと
そういう県に住んでることに誇りを感じます。

現場の人たちは言います。
『これで、やっとスタートラインに立てた』って。

だから、ここから全国にもっと、もっと理解を広げて
人と動物が共に
幸せに暮らせる社会を
みんなで実現させたいですね。


自分で言っても
他の人から言われても
嫌な言い方だけど
私は、ミクをペットショップで買いました。

ミクを好きになればなるほど
自分の責任の重さを感じ
動物と人間との関係性を考えるようになった。

そう考える中で
犬猫の殺処分の多さを知り
安易に捨てられる小さな命達の現実に
愕然となった記憶があります。

このままじゃダメだ。
何かしなきゃ。
自分には何が出来るんだろう?

ミクは
私に知るキッカケ
考えるキッカケ
行動するキッカケをくれました。




神奈川県の動物保護センターは
「処分するための施設」から
「生かすための施設」へ整備されます。

殺処分室、焼却炉等は設置しないそうです。

他にも
命の尊さを学んだりと
動物愛護の普及啓発の拠点となるそうです。



G7伊勢志摩サミットが26日~27日に開催。

G7
先進国と言われてる日本だけど
動物愛護でも先進国で
堂々と胸張れる国になれるようにと願います。



最後に
ガンジーの言葉で
The greatness of a nation and its moral progress can be judged
by the way its animals are treated.

国の偉大さと道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る。



因みに
リンカーンの名言も・・・

犬や猫を大事にしない者は信用できない。





飼い主さん募集中~島根県より~




~トップ固定記事~





紀州系元猟犬4頭
飼い主さん募集

期限3月末頃まで

廃業する猟師が飼育放棄した紀州系の猟犬4頭です。
イノシシ狩猟に使われていたとみられる犬で
3歳〜8歳のオス3頭とメス1頭です。

人に慣れた感じで撫でたりも出来ますが
猟犬としてこれまでどのように過ごしていたのか全く不明です。

一般家庭の愛玩犬のような飼育はされていないと思いますので
危険な場合も有り得ます。

犬の扱いに慣れていて
小さなお子さんやお年寄りのいないご家で
引き取って世話してもいいと思われる方
どうかよろしくお願いします。

※期限は確定でないですが、あまり猶予は無いと思います。
※健康状態や病歴、ワクチン接種、フィラリア予防などは現時点で不明です。
※島根県からですが県外移送もできるだけ対応します。
※現在、犬は島根県内の行政施設にいます。

詳細、お問い合わせは→こちらへお願いします。

島根動物愛護ネットワーク

20160305_R.jpg






 | HOME |  »

カレンダー(月別)

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ゆり

Author:ゆり
神奈川県在住
酒好き
人に厳しく
動物には優しい
内向的、人見知り
小心者、協調性ゼロ
集団行動が苦手
結構、テキトーでガサツ

最新記事

ゆりの大好きな家族達


未来(みく)2007年6月生まれ
(11歳)
アメリカンショートヘアー 女の子
腎臓に石持ち
ヨロコブラが大好きで
それだけでテンション上がる仔
小柄だけど家族の中で
一番運動神経が抜群
おっとり屋さん
花(はな)2008年5月生まれ
(10歳)
三毛 女の子
腎不全と猫風邪とおつきあい中
甘えん坊で
飼主 ゆりの傍が好きな仔
猫なのに運動神経ゼロ
布団の中や
ソファのカバー下に潜るのが好き
咲(さく)2009年7月生まれ
茶トラ 男の子
オモチャ大好き
生前はお姉ちゃんニャンコの
花の後をくっついて歩いてた
想い出がある
寂しがり屋で気持ちが優しい仔
FIPと闘って2009年12月11日
約5ヶ月という若さで永眠しました
 健(けん)2010年5月生まれ
(8歳)
白黒 男の子
視力が弱いけど
ある程度の光には反応します
自己主張が強くボス気取り
気に入らない事があると
すぐオシッコします
落ち着きが全くなく
イタズラ大好き
怒られてもノー天気
いずみ 2010年5月生まれ
(8歳)
白黒 男の子
健ちゃんと同腹兄弟
気が弱くて、ビビリ君
健ちゃんに苛められても
健ちゃんが大好きっ仔
名前を呼ぶと返事をしてくれます
吐き癖がありすぐゲロする

健&いずみの姉妹達


ナラ 2010年5月生まれ
三毛 女の子

福(ふく)2010年5月生まれ
白黒 女の子

最新コメント

リンク

里親募集

いつでも里親募集中

犬と猫のためのLifeboat

NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

猫のふく村さん

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ